【スタッフコラム】記憶に残るS様とのエピソード〜前編〜 | すまing

【スタッフコラム】記憶に残るS様とのエピソード〜前編〜

こんにちは!埼玉県本庄市にある女性スタッフだけのリノベーションスタジオ「すまing」です(^O^)

地域を限定し、少ない人数で運営している会社だからこそ、一人ひとりのお客様との思い出は色濃く残ります。
リノベーション」という、まだまだ埼玉県本庄市ではメジャーではない選択をしてくださるお客様なので、なおさら!
今回は、記憶に残るS様とのエピソード・前編です。

S様はかねてから物件購入を検討しており、熊谷市内にあるおしゃれなリノベ済みマンションを気に入ってくださいました。南向き陽当たり良好駅近と好条件だったため、問い合わせも多い物件。まずは早速住宅ローンの審査をすることになりました。
しかし実はS様、その数年前に大病を患っており、完治はしているものの住宅ローンの申請が通るか不安がありました。そのため、売主様への物件購入の意思表示となる「買付申込」が通らない可能性があったのです。

売主様は一度買付申込を受理すると、他の方から「買いたい」と申し出があっても断らなければなりません。買付申込から決済・引渡しまで、ローンを利用する場合は長くて2カ月ほどかかります。その間、他のお客様にお断りしたにも関わらず、住宅ローンが通らなかったので申込キャンセルとなってしまっては、売主様にとって大変な機会損失になってしまいます。そのため、売主様側の仲介業者さんは「住宅ローンが通る方なのか?」などをしっかり確認します。

ローンの事前審査をしている間に、このリノベ物件以外を第一候補としながら、他の物件も探してみようということになりました。「リノベ前の物件を安く買って、自分好みにリノベしてしまうのも手ですよ」というお話をさせていただき、幅広く探してみることになったのです。
そうして探している間に、住宅ローンの事前審査は無事通過
そして、1件とても気になる物件が出てきたのです。

⋯S様とのエピソードは後編に続きます!

タイトルとURLをコピーしました