ブログ

男子の憧れ!?かなりの確率でご主人様が希望される「書斎」のあれこれ。

ゆっこり(スタッフ5号)ブログ スタッフ、すまingの事 リノベの極意

こんにちは(*'ω'*)

私はもともと地元の建築会社に勤務しておりまして、
長いこと新築部門(その他もろもろ)の広報関係をやらせていただいておりました。

もっとも、コンサルタントさん主導だったので、
私はコンサルタントと社長の手下みたいな感じではありますが('_')

勤務年数が長くなるにつれて、
展示場のアシスタントさんがいないときのお手伝いや、
イベント時のお手伝いなどもさせていただきました(*'ω'*)
季刊誌なども発行しておりましたので、インタビューに伺ってテキストを起こしたり・・・。
最初は建築事務として入ったはずなのに、
なんだかいろんなことをやらせていただいた気がします。

さて、その中で、
お客様からよくうかがっていて思ったこと、それは、
ご主人が書斎を希望される率がとても高いということ!

20200115192318-ce8188e4e7468dddabe517e10a4010b7051b09cc.jpg

わかるー!!!

かつては本の虫だったので、
気持ちはとても分かります!!

あとね、狭い部屋にこもる時間ってなんか特別なんですよね。

気持ちわかりますー!!

お話を伺っていると、
当初はご主人様の強い要望で間取りの中に(少しは)あったはずの書斎が、
打ち合わせを重ねるごとにどんどんと小さくなり、
最終的には収納へと生まれ変わる・・・。

あ・・・あるあるすぎる・・・(ノД`)・゜・。

奥様達のお気持ちもわかります。
そう、ご主人の趣味の部屋より、実益性のある収納ですよね。
そんな無駄なスペースねぇよと言いたくなる、奥様の気持ちも共感です。

ちなみにそんな我が家には、
とってもちいさい4畳にいかないくらいの書斎があります。

というのも、うちの旦那さんは超のつく理系の研究職。
勉強が好きすぎて、大学院を卒業して修士号を獲得してから社会人になっているにもかかわらず、
どうしてもまだ勉強したくて働きながら通いなおして博士号まで取った変わり者です。
ヤツはたくさんのパソコン(何台あるんだ?)、サーバー、プリンター、
わけのわからん重たい書籍がないと生きていけない種族なのです。

そんなわけですが、
やっぱり我が家も皆様の例にもれず、最初は5畳ほどだったものが、
最終的には階段下の低いところまで合わせてやっと4畳の書斎に落ち着きました。

なんとか本棚は天井までの高さのピッタリサイズを買いましたが、
それ以外は荷物置きも兼用になっています。
すまんな、旦那さんよ・・・。

この書斎ですが、机こそニトリで買った超簡易デスクではありますが、
電源やら何やらが充実しているので、とっても便利!!

たまにわたしも利用させてもらっています♡

ゆくゆくはリビングの空いている一角に、
子どもたちの宿題スペースも作って、
一階では自由に本も勉強もできるスペースにしたいなと思っているところです。

20200115193211-2946ff47f19ec9b2bfc7ae0fb2a8e0f76673642e.jpg

オープンにパソコンが出来るスペースもいいですが、
お籠りしたい気持ちもわかる!!

ちょっとだけ間仕切りしてあるだけのスペースにするとか、
書斎の希望を生かしていくのもアリなのかなー、と思うこの頃です。

なんだかんだで利用できるスペースは1畳ほどでも、
旦那さん的には「それでもいいの~(*'▽')」と言っているので。

20191227124624-9e3f1b2b983cb5700de61adf29f6d2152ee692e4.jpg

↑ゆっこりInstagramをフォローしてね~♪↑